はり灸のいろは

HOME » はり灸のいろは » おはりんと学ぼうはり灸教室 » つぼ(経穴)・経絡ってなに?

つぼ(経穴)・経絡ってなに?

東洋医学の重要な概念の一つに「気血」があります。気血とは、わかりやす<言えば、エネルギーと一般に理解されていますが、その気血の流れる通路のことを経絡といい、全身に12本の特性を持った流れがあります。

ツボ(経穴)は経絡上の要所にあり、ちょうど地下鉄が駅で地表と通じているように、体表との開□部であり、全身に 360余り存在します。ツボを精細に探れば、臓腑につながる経絡の変調を知ることができ、また逆に、ツボに適切な鍼灸刺激を与えると、体の調整が可能な治療点でもあります。

例えば、足の主要なツボである「足の三里」に鍼をすると、胃の働きが活発になることがNHKのテレビ番組でも紹介されました。「足の三里」という経穴は「足の陽明胃経」という経絡にあり、太古の昔から胃に関係のある経穴とされてきましたが、科学的にもそれが実証された一例です。まさに皮膚は情報の宝庫であると言えます。

現代医学では内臓に病気が生じると、その刺激は主として脊髄後根を通じ、その脊髄断区に相当する一定の決まった体表部に知覚過敏、または痛覚過敏が現れます。例えば、胆石症の場合、右背部に凝リや痛み、あるいは右肩への放散痛があることなどはよく知られています(ヘッド氏帯、内臓体壁反射)。

また、金沢大学の石川大学教授も同様な経路で、血管運動神経失調が起こることを発見しました。このことから、体表を精細に観察すれば、病原がどこにあるかがわかります。そして、体表に鍼灸刺激を加えれば、逆の経路で内臓に作用し、治療に導くことができます。このことが、鍼灸が胃や肝臓などの内臓疾患の治療に効果をあげている理由の一つと考えられています。