はり灸のいろは

HOME » はり灸のいろは » 初めてはり灸治療を受けられる方のために » 東洋医学とは

東洋医学とは

現代では、医学と言えば西洋医学が主流ですが、東洋独自の民族医学を「東洋医学」(広義)と呼んでいます。これには、中国・インド・朝鮮・日本など伝統医学が含まれますが、特に、古代中国(漢代)の医学が優れておリ、日本にも広く普及したので、「漢方医学」と呼ぶこともあリます。今の日本で東洋医学といえば、鍼灸(物理療法)と漢方(薬物療法)を意味しています。

東洋医学は体系的な医学です

東洋医学の根本は、自然哲学の思想です。古人は人体を「小宇宙」とし、「大宇宙」の自然現象によって支配されるものと考えました。従って、自然の摂埋を第一義的に考え、自然に抗することは無駄であり、むしろこれに順応することこそ賢策であるとしました。

病気になれば医師は投薬をし、注射をし、手術をします。しかし薬や注射や手術が病気を治してくれるのではなく、我々の身体に授けられた「自然治癒力」で病気が治るのであり、薬や手術は自然治癒力を引き出すよう手助けしているにすぎないと考えるのです。

医聖ヒポクラテスは「医師傷を縫い、神これを癒し給う」と言いました。
まさに至言と言えます。

心身一如

東洋医学の是大の特徴は、精神と肉体を一体としてとらえることにあります。

病気の起こりは外因性のものばかりではなく、内因性(精神)のものがたくさんあります。例えば、心の不安、動揺がストレスとなり、ストレスが身体の変調を来たし、そして器質的疾患を引き起こすようなことはよく知られています。

従って、東洋医学は「身体」の調整ばかりでなく、「心」の調整を図ることを重要視します。

最近、現代医学においても精神身体医学の発達がみられ、古来よリの東洋医学の考え方が大いに見直されるようになりました。