学ぶ

HOME » 学ぶ » 研修会&講座のお知らせ » 平成31年5月19日(日) 31年度第1回(5月度)学術講習会のお知らせ 【全日本鍼灸学会 認定指定講座(C講座)】

研修会&講座のお知らせ

平成31年5月19日(日) 31年度第1回(5月度)学術講習会のお知らせ 【全日本鍼灸学会 認定指定講座(C講座)】2019.03.24

●日 時 : 平成31年5月19日(日)(受付13:00~)
       ①13:30~15:00 ②15:15~16:45
 
 
●場 所 : 明治東洋医学院専門学校 2階講堂
       〒564-0034
       吹田市西御旅町7-53 
       アクセス:
       阪急千里線「下新庄」駅から徒歩7分
       

●研修会名: 31年度 第1回(5月度)学術講習会
       全日本鍼灸学会 認定指定講座(C講座)

●内容&講師:
①自分が望む最期の迎え方を伝えてみませんか
 講師:市立岸和田市民病院 緩和ケア内科部長
    川島正裕 先生

人生100年時代と言われ、世の中ではこれからの生き方に注目が浴びている。一方で最期の迎え方についての議論は後れを取っていると思われる。厚生労働省はACPの普及のために「人生会議」の愛称を決定した。現在の国民の終末期に対する認識を確認し、もしもの時に備えて自分の望む医療・ケアを受けるためにどのような取り組みが必要か皆さんと一緒に考えていきたいと思います。 

         
②作業療法の視点で認知症予防・転倒予防を捉える
 講師:森ノ宮医療大学 保健医療学部 作業療法学科教授
    横井賀津志 先生

作業療法士は、心身に障害のある方に対し、その人自身の存在を取り戻すため、治療に作業(occupation)を用いる医療・保健・福祉の専門職です。作業とは、自分を感じ、自分を醸し出す活動のことです。この作業が、健康と安寧に寄与することは、多くの研究で証明されています。今回、作業を基盤にした認知症・転倒予防介入について紹介します。作業での介入は、暮らしに溶け込む仕掛けが散りばめられています。また、多職種連携として鍼灸師の先生方との協働についても提案したいと思います。
 

●費 用 : 本会会員¥1,000/会員外¥2,000/学生無料
●申 込 : 不要
●備 考 : GKカード持参(所持者は持参のこと)
 
◆今年度は5月・7月・9月・10月・12月・平成32年2月と年6回開催致します。
 平成31年(2019)度より、大鍼会学術講習会全6回の内、3回を全日本鍼灸学会認定指定講座(C講座)として開催する運びとなりました。全日本鍼灸学会会員は認定ポイントを取得することができます。(1回で2点、年間最大6点)
 あらゆるテーマを研修委員会一同で企画しておりますので、Freshやホームページ等でご確認のうえ、ぜひ受講して頂きますよう、お願い申し上げます。