学ぶ

HOME » 学ぶ » 研修会&講座のお知らせ » 平成30年9月9日(日) 30年度第3回(9月度)学術講習会のご案内

研修会&講座のお知らせ

平成30年9月9日(日) 30年度第3回(9月度)学術講習会のご案内2018.08.25

●日 時 : 平成30年9月9日(日)(受付13:00~)

       ①13:30~15:00 ②15:15~16:45
 
 
●場 所 : 大阪医療技術学園専門学校 第1校舎 2F大教室
       〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
       アクセス:
       地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」④-A出口より地下連絡通路(JR①出口)を経て          徒歩8分
       JR東西線「大阪天満宮駅」JR①出口より東方向へ徒歩3分
       京阪電車「天満橋」より北方向へ天満橋を渡り徒歩8分
 
 
●研修会名: 30年度 第3回(9月度)学術講習会

 
●内容&講師:
①トップアスリートにおけるコンディショニングの実際
 
 講師:日本体育大学 体育学部 教授
     杉田 正明 先生

現在、日本オリンピック委員会の情報・科学サポート部門長や日本陸上競技連盟科学委員会委員長として、オリンピックや世界選手権代表選手の強化支援に関わる医・科学サポート活動を行ってきている。
 アスリートは、日々のトレーニングをより効果的に行い、そのトレーニング効果を最大限に発揮して競技成績につなげるために、トレーニングが効果的かつ継続的に行われることが大切である。そのためには体調管理として日々の体調の可視化と、疲れた体をどう回復させるかの2つを考える必要があるといえる。
 本講演では、アスリートがハイパフォーマンスを発揮するために現在行っているコンディショニングチェックやリカバリーについての内容について、お話しをさせていただく予定である。
 
 
②健康支援における鍼灸師の役割とスポーツ鍼灸ボランティア活動
 
 講師:大阪府鍼灸師会 スポーツ鍼灸プロジェクト委員会
    関西大学大学院 人間健康研究科 博士課程後期課程
     吉野 亮子 先生
 
スポーツや身体活動は、体力の維持・向上の他、日常生活における質の向上に寄与されることが報告されています。健康に向けての行動は、自身の自覚、継続が重要ですが、専門職による意識付けや支援が必要な人も多いです。未病・予防・痛みの管理等、鍼灸の効果についての普及啓発に向け、実践の積み重ねと効果の検証が必要です。ボランティア活動の事例と検証についてお話しします。

 

●費 用 : 本会会員¥1,000/会員外¥2,000/学生無料
●申 込 : 不要
●備 考 : GKカード持参(所持者は持参のこと)
 
 

◆今年度は5月・7月・9月・11月・平成31年1月・3月と年6回(奇数月)開催致します。
 あらゆるテーマを研修委員会一同で企画しておりますので、Freshやホームページ等でご確認のうえ、ぜひ受講して頂きますよう、お願い申し上げます。