学ぶ

HOME » 学ぶ » 研修会&講座のお知らせ » 平成30年7月1日(日) 30年度第2回(7月度)学術講習会のご案内

研修会&講座のお知らせ

平成30年7月1日(日) 30年度第2回(7月度)学術講習会のご案内2018.06.26

●日 時 : 平成30年7月1日(日)(受付13:00~)

       ①13:30~15:00 ②15:15~16:45
 
 
●場 所 : 明治東洋医学院専門学校 2階講堂
 
       〒564-0034 吹田市西御旅町7-53
       アクセス:
       阪急千里線「下新庄」駅から徒歩7分
 
 
●研修会名: 30年度 第2回(7月度)学術講習会

 
●内容&講師:
①未病医療としての鍼灸医療の展望
 
 講師:明治国際医療大学 学長
     矢野 忠 先生
 
21世紀の医療は、治療から予防・未病治へとシフトすると思われる。
 厚生労働省は平成35年には「健康先進国」を目指し、医療システムの転換をはかろうとしている。一方、古来、最高の医療行動目標を健康維持・増進および未病治としてきた鍼灸医療は、その意味において本領を発揮できる絶好の時機を迎えている。
 しかしながら健康維持・増進や未病治に関する鍼灸研究は少なく、エビデンスに乏しい現状である。こうした現状を踏まえて認知症予防やうつ予防等に関する知見を紹介するとともに未病医療としての鍼灸医療の展望について私見を交えて述べる。
 
 

②東洋医学の智慧で社会を変える-未病スコアで東洋医学カウンセラーになる
 
 講師:関西医療大学大学院 准教授
     戸村 多郎 先生
 
「東洋医学」「鍼」という言葉はよく知られています。近年では「未病」までも西洋医学やCMで使われるほどです。ですが国民の鍼灸受療率は一向に伸びていません。この現状は、私たちの伝え方が間違っているのかも。
 鍼灸は東洋医学の一部です。パラダイムを変えて「鍼灸を伝えるために先ず東洋医学を伝える」ことが必要ではないでしょうか。
 講演では、鍼灸師が東洋医学の智慧を利用する東洋医学カウンセラーにシフトする話をします。
 
 

●費 用 : 本会会員¥1,000/会員外¥2,000/学生無料
●申 込 : 不要
●備 考 : GKカード持参(所持者は持参のこと)
 
 

◆今年度は5月・7月・9月・11月・平成31年1月・3月と年6回(奇数月)開催致します。
 あらゆるテーマを研修委員会一同で企画しておりますので、Freshやホームページ等でご確認のうえ、ぜひ受講して頂きますよう、お願い申し上げます。