学ぶ

HOME » 学ぶ » 研修会&講座のお知らせ » 平成30年2月11日(日) 29年度第6回(2月度)学術講習会<日鍼会共催>

研修会&講座のお知らせ

平成30年2月11日(日) 29年度第6回(2月度)学術講習会<日鍼会共催>2018.01.25

●日 時 : 平成30年2月11日(日)(受付13:00~)

       ①13:30~15:00 ②15:15~16:45
 
 
●場 所 : 明治東洋医学院専門学校 2階講堂
       〒564-0034 吹田市西御旅町7-53
       アクセス
       阪急千里線「下新庄」駅から徒歩7分
 
 
●研修会名: 29年度 第6回(2月度)学術講習会<日鍼会共催>

●内容&講師:
①ニューロモデュレーションによる最新治療
 ~パーキンソン病・難治性疼痛・痙縮を中心に~

 講師:近畿大学医学部 堺病院 脳神経外科 講師
    内山 卓也 先生
 
「ニューロモデュレーション」とは一般的に聞き慣れない言葉ですが、日本語に訳すと「神経調節療法」になります。
 脳や脊髄に調節可能な電気刺激を与えたり薬剤を注入することにより、機能障害に陥った神経細胞・神経回路に影響を与え、症状の改善を来す治療法であり、今後さらに期待される治療法です。
 この治療法の概要と適応となる代表的な疾患・病態である、パーキンソン病・難治性疼痛・痙縮に対する治療効果について講演いたします。


②慢性痛と鍼灸治療

 講師:明治国際医療大学大学院 教授
    伊藤 和憲 先生

近年、痛みに対する考え方は大きく変わりました。特に慢性痛では感覚的要素だけでなく、情動的要素や認知的要素も関与することが明らかになりました。
 また、痛みが認知レベルに達すると鎮痛システムが正常に作動しないため、鍼灸治療だけで解決することができず、患者のコンデショニングが重要となってきます。
 そこで、痛み診察のあり方を再構築し、エビデンスとメカニズムに基盤を置いた新しい痛み治療法について紹介したいと思います。

●費 用 : 本会会員¥1,000/会員外¥2,000/学生無料
●申 込 : 不要
●備 考 : GKカード持参(所持者は持参のこと)