学ぶ

HOME » 学ぶ » 研修会&講座のお知らせ » 28年度 第5回(11月度)学術講習会/概要

研修会&講座のお知らせ

28年度 第5回(11月度)学術講習会/概要2016.10.11

●日 時 :  平成28年11月20日(日)(受付13:00〜)
           ①13:30〜15:00 ②15:15〜16:45

●場 所 : 「明治東洋医学院専門学校 2階講堂」
          〒564-0034 吹田市西御旅町7-53
          アクセス:阪急千里線「下新庄」駅から徒歩7分

●研修会名 : 28年度 第5回(11月度)学術講習会 

●内 容 & 講 師
① 「山元式新頭鍼療法」    
         藤祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院院長
         YNSA学会評議員         冨田 祥史 先生
 
NSA(R) とは、山元式新頭鍼療法の略称です。宮崎県の医師「山元敏勝」先生に
  よって考案されたこの技術は、残念なことに日本ではあまり知られていませんが、
  世界ではすでに数千人の医師が実践する非常に有名な治療法です。脳梗塞・脳出血
  ・麻痺等の中枢性疾患・腰痛・肩こり・膝の痛み・しびれ・めまい・耳鳴りなどの
  様々な疾患に非常に有効なことが、世界中で認められています。

 ②  「★パーキンソン病の鍼治療」    
         (★:「専門領域研修リスクマネジメント」の更新対象科目)

        京都府立医科大学在宅チーム医療推進学
         特任助教               建部 陽嗣 先生 
        
 日本人の約1,000人に1人がパーキンソン病にかかると考えられており、日本全体
  で10万人以上の患者さんがいると推定されています。高齢社会を迎え、今後ますま
  す患者数は増えると予想されています。薬物治療を中心として一定の効果をあげて
  いますが、平均生存期間の延長に伴い患者のQOLが問題となります。そこで、最新
  の知見を踏まえながら、パーキンソン病に対する鍼治療の方法、効果、役割につい
  て解説します。
 

●費 用 : 本会会員 ¥1,000 ・ 会員外 ¥2,000 ・ 学生  無料

●申 込 : 不要

●備 考 : GKカード持参

●主 催 : (公社)大阪府鍼灸師会