学ぶ

HOME » 学ぶ » 研修会&講座のお知らせ » 28年度第3回(7月度)学術講習会

研修会&講座のお知らせ

28年度第3回(7月度)学術講習会2016.06.10

●日 時  : 平成28年7月10日(日)(受付13:00〜)
        ①13:30〜15:00 ②15:15〜16:45

●場 所 : 
森ノ宮医療学園専門学校 本校舎 6階
        〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8  
         アクセス:JR森ノ宮駅から徒歩13分、
              地下鉄中央線緑橋駅から徒歩7分。

●研修会名: 28年度 第3回(7月度)学術講習会 

●内容
&講師
 ①「 開業助産師が行う逆子(骨盤位)ケアと鍼灸治療の考え方」
                めぐみ助産院 助産師、鍼灸師、超音波検査士
                             岩田 塔子 先生
赤ちゃんは、お腹の中で自由に動いているために3〜5%の方が骨盤位の
 ままです。骨盤位が戻るための条件とは?戻らない一番の理由は?戻らない
 時に鍼灸師は何を目的に治療をするのか?鍼灸師、助産師、超音波検査士の
 立場から骨盤位についてお話いたします。

 ②「スポーツ現場における測定と評価」 
                    関西医療大学講師、
                 日本体育協会公認アスレティック
トレーナー
                 理学療法士             
                              中尾 哲也 先生

スポーツ選手のコンディショニングに携わるうえで、『測定と評価』は
 非常に重要なテーマである。しかし現場において、痛みに対する簡単な測
 定と評価で済まされ、痛みが治まってもすぐに再発を繰り返すケースが多
 く見受けられる。
  単に対処療法に対する評価で済ませるのではなく、選手の既往歴に加え、
 体力や筋力、柔軟性、身体組成、アライメントなどの測定を評価し、さら
 には競技特性を踏まえた動作など科学的な根拠を関連させた上での測定と
 評価が求められる。


●費 用 :  本会会員 ¥1,000 ・ 会員外 ¥2,000 ・ 学生 無料

●申 込 :  不要

●備 考 :  GKカード持参

●主 催 : (公社)大阪府鍼灸師会