鍼灸師に逢える場

HOME » 鍼灸師に逢える場 » スポーツ鍼灸ボランティア » 河内長野シティーハーフマラソンスポーツ鍼灸ボランティア活動報告

スポーツ鍼灸ボランティア

河内長野シティーハーフマラソンスポーツ鍼灸ボランティア活動報告2017.03.14

第62回 河内長野シティーマラソンを終えて”

開催日  : 平成29年 2月 19日(日)

天 候  : 晴   気温 19度

参加人数 : 男 1,522名 女 485名 小学生 236名

        総数2,007名

競技種目 : ○ハーフ ○10キロ ○5キロ ○2キロ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 楠 正成公が幼少期学んだ「観心寺」

 女人高野として名高い天野山「金剛寺」など歴史と文化が豊かなまち
河内長野市で開催されましたシティーマラソンも62回目と歴史有る大会
です。市立文化会館近所の公園をスタートし滝畑ダム折り返し長野小学校
をゴールとした高低差の有るタフなコースです。天候に恵まれない年が多
いのですが、今年は絶好のマラソン日和の中スタートが切られました。

 鍼灸師会はコンディショニングボランティアとして当大会に参加し9年
目となりました。

 私達鍼灸師会スタッフは丹波先生をリーダーとするスポーツ鍼灸プロジ
ェクトの先生を中心に河南地域2名を含む計8名、ベッド4台体制でサー
ビスに当たりました。

 午前7時30分には各種器材を遠方にも関わらず搬送到着して頂きまし
た。しかし校舎の開錠が遅れ搬入出来ないというアクシデントは有りまし
たが、各先生方が段取り良くてきぱきと準備を完了して下さいました。

 スタート前の選手70名に*ストレッチ*テーピング*人迎・扶突にパ
イオネックスゼロの貼付を行いました。ゴール後は68名が*ストレッチ
*アイシング*ファインゼロのサービスを受けに来られました。すべてが
スムーズに行われ「さすが百戦錬磨の先生方だなと」歓心致しました。

 余談ですが、毎年選手に振舞っておられる豚汁とバナナを、私達にも差
し入れて下さいます。その豚汁はJAで人気の甘口の白味噌仕立てで凄く
美味しくクセになる味わいです。何時もながらのご厚意にお礼申し上げる
次第です。

 次年度への課題と致しまして、私達のブースから離れている女子更衣室
前にも案内の掲示をし女性利用者を増やす試みをすれば如何かなと思いま
す。
終わりのミーティングでは丹波先生より諸先生方に労いのお言葉を頂
き滞りなく終了致しました。今年度ご参加して頂きました先生方に心より
感謝とお礼を申し上げ報告とさせて頂きます。  (河南地域 平尾 陸)

温まる普及活動

 河内長野シティマラソンが2月19日に河内長野市で実施されました。
河南地域および本会からは8名のスタッフが参加し、ランナーのケアにあ
たりました。天候にも恵まれ、述べ100名ほどの利用がありました。

 受付を担当していてとても嬉しかったのは、ランナーの方から「『呼吸
が楽になる鍼』を去年してもらったら、すごく楽に走れました!今年もし
てもらえますか?」と言われたこと、その方がお友達やケアの順番待ちを
されている方にも宣伝してくださり、お友達が何名か希望して来られたこと
でした。

 何年も継続して実施している事業だからこその普及効果に、改めてコツコ
ツ継続していくことの大切さを学びました。

 そして何より心に残ったのは、御年81歳の男性ランナーの方が走る前に
ケアに来られ、無事に完走したと報告に来られたことと、その方が少し離れ
た所で足がつってしまった人がいるから行ってあげてと、私達のブースに呼
びに来られたことです。お陰で大事には至らずに応急処置が出来ました。

 年齢に関係なく元気に走られていること、困った人がいれば助けようと思
われる心、素敵な方にお会いできこちらまで心が温かくなった一日でした。
                   (普及啓発担当理事 永澤 至子)