鍼灸師に逢える場

HOME » 鍼灸師に逢える場 » スポーツ鍼灸ボランティア » 高槻シティハーフマラソンスポーツ鍼灸ボランティア活動

スポーツ鍼灸ボランティア

高槻シティハーフマラソンスポーツ鍼灸ボランティア活動2017.02.06


 

 高槻シティハーフマラソン鍼灸ボランティアに参加しました。

 早朝は良いお天気だったにも拘わらず、スタート前から崩れだし、
 途中は結構雨が降っていた模様です。

  「模様です」というのは、私達は屋内で施術するため外の様子は
 分かりにくいのです。スタートした様子も分からないし、1位のラ
 ンナーの方がいつゴールしたかも分からない。走り終えた皆様がパ
 ラパラと入って来られて、「そろそろ皆様いらっしゃる時間だな…」
 と心の準備を整えます。

  イベントの派手さに比べて地味といえば地味なポジションかと思
 います。しかし、私は裏方大好き人間なのでテンションはMAX

  今回はスタート前のウォームアップとゴール後のクールダウンの
 両方施術させて頂けたので、「頑張って走ってきて下さい!」と「
 お疲れ様でした、完走おめでとうございます」の両方を味わう事が
 できました。

  短時間での問診、判断、施術。諸先輩方の施術をチラ見しながら
 勉強しつつ、自分の担当のランナーさんと軽くお話をする。あっと
 いう間に時間は過ぎてゆき、非常に充実した時を過ごせました。

  またぜひ参加したいと思っております。

                  (城東鶴見地域 大原 妙子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
1月22日(日)の始まりは快晴。マラソンに参加されるランナー
 の皆さんへのスタート前のコンディショニングは、幸先良いスタート
 を願って行いました。

  問診時における『呼吸が楽になる鍼』の円皮鍼の施術はとても好評
 で、ゴール後のケアの際には、『風邪気味で不安でしたが呼吸がしや
 すかった』と感謝され嬉しく思いました。

  レース中に雨が降り出し、ランナーの皆さんは疲労困憊の様子。ゴ
 ール後は、早く帰路につかれたい所でしょうが、私達の活動の場を利
 用され、心も身体も達成感と安堵感に包まれた、満ち足りた表情に見
 えました。

  今、まさに走り終えたランナーの声、そして身体を通して心が触れ
 合えた貴重な体験。今回は141名の利用がありました。少しはお役
 に立てたのかなと私の心も満たされて、マラソンを走り終えた気がし
 ました。(笑)

                    (福島地域 田口 まゆみ)